スクープを狙う

隠しカメラを設置して職場トラブルを抑止する

小型カメラ

意識させずに撮影できる隠しカメラは、アイデア次第で色々な使い方ができる便利なガジェットです。防犯カメラや監視カメラといった使い方は一般的ですが、それ以外にも様々な方法で隠しカメラは利用されています。
最近特に注目されているのが、職場のトラブル防止目的の監視カメラ活用です。職場で発生するセクハラやパワハラは管理者にとって重要な問題です。これまではトラブルが起きても、当事者のみしか証言者がおらず、客観的な証拠が無いために十分なケアが難しかったのですが、社員の同意の上で隠しカメラで職場の様子を撮影しておくことで、万が一トラブルが発生した場合も客観的な証拠を確保できます。威圧感のある大きなカメラではなく、どこにあるかわからない隠しカメラを使えば、業務に与える影響も少なく雰囲気も悪化しません。被害を未然に防止する効果も期待できます。
導入に際しては反対意見が出る可能性もありますが、職場トラブルはいつなんどき自分が被害者になるかわからないだけでなく、知らないうちに加害者になってしまうことも珍しくありません。トラブルリスクを十分に説明した上で隠しカメラ専門店で購入し、設置しても違和感のない小型カメラを導入すれば、職場の不満は抑えられます。隠しカメラの利点を丁寧に説明することが重要です。

隠しカメラで来客トラブル発生に備える

経営者にとって頭の痛い問題のひとつが来客とのトラブルです。接客業や販売業はもちろんですが、いわゆるBtoBの企業であっても来客トラブルとは無縁ではありません。外部からの人間がトラブルを起こさないという保証はどこにもなく、安全は自分自身で守る必要があります。
来客トラブルに対する備えとして隠しカメラは有効な選択肢です。どんな職場でもクレーマーや不審者など、外部の人間によるトラブルリスクはつきまといます。威圧感を与えるカメラをこれみよがしに設置してしまうと、イメージダウンが気になりますが、そこにあることがわからない隠しカメラなら、来客への影響なく映像を録画できます。
見る人に違和感を与えない隠しカメラや、小型カメラを隠しカメラ専門店で購入して設置しておくことで、トラブル発生時も有力な証拠となる動画記録を残せるようになり、セキュリティ向上に大きく貢献します。
企業のイメージとセキュリティは相反するものではありません。隠しカメラや小型カメラを活用すれば、現在のイメージをキープしたまま、セキュリティを向上させられます。隠しカメラは企業にとって大切な自衛アイテムです。機種や設置場所などを十分に検討し、万一の時にも証拠として使える映像の記録体制を構築しておきましょう。

いろいろなシーンで活躍する隠しカメラ

超小型できれいな映像を撮影できる小型カメラが注目を集めています。最近は隠しカメラとしても使えるほど超小型の機種も出回っていますが、隠しカメラと言っても相手にばれずにこっそり撮影するためだけのものではありません。
隠しカメラは相手にカメラがあることを意識させずに撮影したいときに便利です。例えばパーティーの様子をビデオカメラで撮影すると、どうしてもカメラを意識した振る舞いになってしまいがちですが、隠しカメラを会場の各所に設置しておけば、参加者の自然な振る舞いを映像に残せます。カメラの苦手な方や小さなお子様が参加するパーティーでも、人に気づかれにくい機種を専門店で購入し、設置しておけば不快感を与えることなく撮影できます。
身につけられるタイプの隠しカメラなら、アクティブな映像も撮影できます。例えばサバイバルゲームに隠しカメラを身につけて参加すれば、実際の視点に近いリアルな映像を撮影できます。大型の機材は動きを制限されたり、ぶつけて破損したりといろいろリスクが考えられますが、超小型のウェアラブル隠しカメラなら激しく動いても全く問題ありません。身に着けている本人も撮られている他の参加者もカメラの存在を全く意識しないので、普段の様子をありのままに映像に残せます。

コンデジ

ビジネスシーンでも役立つ隠しカメラ

一見して小型カメラが組み込まれているとはわからない精巧な隠しカメラが、ビジネスの世界でも注目を集めています。重要な商談や交渉ではどんな内容を誰が離したのかが重要です。あらかじめ先方に了解をとった上で、隠しカメラで話し合いの様子を撮影しておけば、後から内容に関してもめる心配はなくなります。撮影するだけなら普通のカメラでもいいのではと思われるかもしれませんが、ほとんどの人はカメラがあると…

2つのレンズ

隠しカメラで自室の様子を記録しよう

愛犬の監視や防犯のために、自室にカメラを設置したいと考える人が増えています。最近は高性能で安価な機種も増えてきましたが、くつろぎの空間にメカニカルでいかついカメラを設置するのはちょっと、とためらいを覚える方も少なくありません。違和感なく自室にカメラを設置したい人におすすめなのが、一見して小型カメラがあるとはわからない見た目の隠しカメラです。万年筆や電源タップなどありふれた小物類に偽装…

シャッターが下りる

隠しカメラならセクハラしてくる相手の言動をしっかり保存できる

社会人や学生などの女性がセクハラしてくる相手の決定的姿を撮影して、証拠として突き出す場合、隠しカメラを使用することで安全に一部始終を残すことができます。相手に知られずにこっそりセクハラされた瞬間を押さえられるだけではなく、カメラだと気づいて逆上されるといった女性に多いリスクも抑制できます。その場で騒ぎにせずに、裁判所や警察などとのやり取りで証拠のデータを提出できるのです。…

内蔵カメラ

専門店で隠しカメラを購入してみよう

物騒な世の中になってきていることから、防犯対策として隠しカメラを購入して持ち歩いたり、家の玄関前などに設置する人が増えています。万が一犯罪が起こってしまったときに、映像が残されていれば証拠になりますし、カメラが作動していることにより犯罪の抑止にも繋がります。防犯対策として小型カメラを購入するなら、隠しカメラ専門店で購入すると良いでしょう。隠しカメラは種類が豊富なので、選ぶときにどれが…